免許取得ガイド

合宿免許には年齢制限はありますか?プランを選ぶ際の注意点は?| 合宿免許おすすめガイド

自動車教習所に通うより、合宿免許の方が教習料が安いプランがたくさんあります。

その合宿免許ですが、
10代なら「何歳から参加できるのか?」「高校生でも大丈夫ですか?」
30歳以上の人なら「自分の年齢で参加できますか?」
など、年齢に悩みがあると思います。

今回は合宿免許に参加するための条件、おすすめ情報、プランを選ぶ際の注意点などを紹介します。

何歳で合宿免許に参加できますか?

 

入校時の年齢と試験時の年齢の両方を確認し、合宿免許に参加できるかどうかを判断する必要があります。普通免許と普通二輪免許、それぞれのモデルを見てみましょう。

普通運転免許証の場合

18歳以上の方は通常の運転免許証を取得することができます。

合宿免許は17歳(高校3年生)から入校できますが、仮免許の交付試験終了時は18歳でなければなりません。合宿免許では、MTとATの両方について、学校に入学してから1週間以内に修了テストを受ける必要があります。

一部の自動車学校では、18歳の誕生日の1か月または2週間前にしか学校に入学できない場合があります。18歳未満での応募をご検討の方は、事前に詳細をご確認ください。

高校生も合宿免許に参加できますが、未成年の方は保護者の同意が必要です。

また、振り返りやすく、乗り心地も良く、10代に人気のモペットコースもあります。通常の免許教習にはモペットクラスの時間があるため、通常の免許を取得すると、モペット免許を別途取得することなく、通常の車とモペットの両方を運転することができます。

● 通常の2輪免許の場合

通常、16歳以上の方が免許を取得できます。

15歳(中学3年)から合宿免許を取得できますが、卒業試験の時点で16歳でなければなりません。このため、16歳の誕生日の1か月前または1週間前に入学することがよくあります。

中学生・高校生も合宿免許に参加できますが、通常免許と同様、未成年者の入学には保護者の同意が必要です。

通常の二輪免許を取得することで、400cc以下のバイクや原付に乗ることができます。通常2輪免許を取得している場合は、モペット免許を別途取得することなくモペットを運転できます。

二輪車の運転免許には、排気量に応じてさまざまな種類があります。400cc以上の運転には大型二輪免許が必要です。こちらでご利用いただける年齢は18歳以上とは異なりますのでご了承ください。

30歳以上でも合宿免許は利用できますか?

合宿免許校キャラクター:はじめ先生

この場合、30年以上前の合宿免許を登録しますか?寮の環境はいかがですか?などのご質問にお答えいたします。

30歳以上でも合宿免許は利用できますか?

● 30歳以上の方が利用できる合宿免許があります

一部のプランには合宿免許の年齢制限がありますが、年齢制限がなく、31歳以上に適用できるプランも多数あります。年齢制限のあるプランでも、25歳以下、35歳以下、50歳以下など様々な年齢制限基準があります。

一部の自動車学校は、年齢制限により60歳を過ぎると入学できません。興味のあるプランを見つけたら、まず応募条件をチェック。

合宿免許といえば、10代、20代の方が友達と楽しんだり、相部屋の宿泊施設に泊まったりするイメージがある人も多いのではないでしょうか。

ただし、最近の合宿免許計画にはさまざまな特徴があります。温泉付きのホテルや個室でくつろげるプランを選べば、時間を大切にしたい人にも安心。

ビーチや観光地、ショッピングモールなどに簡単に行ける場所、充実した施設で休憩が楽しめるドライビングスクール、お子様と一緒に参加できるプランなどがあります。

● 合宿許可証に年齢制限があるのはなぜですか?

合宿免許の年齢制限は、保証サービスを考慮して設定される場合があります。保証サービスの内容は、例えば教習の延長や再認定時に追加料金が発生しないことです。テストに不合格になっても、意外とコストがかからず安全なサービスです。

年齢が上がると、短期間で免許を取得することが難しくなる場合があるため、採用段階で年齢制限があるプランもあります。保証内容は年齢により異なりますので、詳細をよくご確認の上、ご不明な点がございましたらドライビングスクールまでお問い合わせください。

合宿免許を選択する際の注意点

合宿免許校キャラクター:はじめ先生

合宿免許を選択する際、年齢層ごとに留意すべき点がいくつかあります。

合宿免許を選択する際の注意点

● ティーン

最初に確認することは、テストの最後に運転免許を取得するのに十分な年齢かどうかです。あれは。通常の免許は18歳、通常の免許は16歳である必要があります。20歳未満の未成年者の場合は、保護者の同意が必要となりますので、事前にご相談ください。

夏休み、冬休み、春休みなどの長期休暇は、予約が殺到しがちな繁忙期です。友達と一緒にグループに参加したい場合は、十分な人数がないと入校できません。特に早めの申し込みをお勧めします。

● 30代

興味のあるプランが見つかったら、保証の詳細を確認することが重要です。保証は30歳未満を対象とする場合があることに注意してください。一部の合宿免許では、子供と一緒に参加する計画がありますが、妊娠中の人は学校に入学できないことに注意してください。

3月から5月、7月から9月の繁忙期には、高校や大学生の多くが長期休暇をとっていますが、一部の自動車学校では、登録者の年齢に制限があります。本当にこの期間に参加したい場合を除いて、費用面から、働く人のメリットを活かせる時間帯に申請することをお勧めします。

● すべての年齢層に共通

合宿免許を取得すると、年齢や時期に応じて割引を提供するプランを見つけることができる場合があります。サインアップする前に、割引を申請できるかどうか確認してください。

入学時、アルバイトや部活、仕事など緊急の必要があったとしても、基本的に学校を出て一時帰宅することはできません。また途中でやめた場合はキャンセル扱いとなり、ほとんどの場合返金は致しません。入学日から卒業までの日程を確保できるよう、適切な時期に申請してください。

また、合宿免許取得後、住民票のある市区町村が指定する運転免許試験場(免許センター等)を通過すると免許が交付されます。この免許科目試験は、卒業日から1年以内に受験できます。ただし、集中して学んだ教習内容の記憶が新しい間は、効率よく受験することをお勧めします。

合宿免許の滞在期間に加えて、近い将来に運転免許試験場に行くスケジュールを覚えておけば、さらに安心です。

この記事のまとめ

合宿免許校キャラクター:もみじ先生

年齢制限とプランを比較して、最適なプランを見つけてください!

教習合宿の免許に参加するための条件、おすすめ情報、およびプランを選択する際の注意点を確認しました。

宿舎の種類や場所の選択、年齢や時間帯によってさまざまなプランが選べるなど、同じ合宿免許でもさまざまな可能性があります。充実した合宿で過ごせるよう、あなたにぴったりのプランを見つけましょう。

合宿免許おすすめ2021年!人気教習所を紹介

合宿免許おすすめ2021年!人気教習所を紹介 合宿免許おすすめを今すぐ見る 何日で免許が取得できるのか? 夏休みは混んでいるのか? おすすめ激安教習所はどこ? 合宿免許を探すのって結構大変! なんとな ...

続きを見る

-免許取得ガイド